デザインスタジオ イズムのblog


by anohitono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:食べ物( 18 )

フォルム

なんとも美しい野菜の形

c0151303_9385687.jpg

にんにくの芽

c0151303_9394939.jpg

キヌサヤ、スティック状のブロッコリー「スティックセニョール」

c0151303_941443.jpg

この後はもちろん
胃袋へ^^

初夏の味、満喫しました。
久松農園さん、ごちそうさまでした!

今日から6月。

アメニモマケズ、シッケニモマケズ、シガイセンニモマケズ、
スズヤカナ カオヲシテスゴセル ニンゲンニ ワタシハナリタイ
[PR]
by anohitono | 2012-06-01 09:43 | 食べ物
またまた引き続き「久松農園」さんネタですが、

新しいチラシも作成しました!
c0151303_2244426.jpg

↓裏面
c0151303_225291.jpg


大きさはA5サイズ。コンパクトなので、配りやすくお店にも置きやすいサイズとなっております。

置いて下さるお店大募集中!だそうなので、興味のある方は「久松農園」HPまで!

*来年1月30日に、久松農園を舞台にしたNHKのドキュメンタリー番組が放送されるそうです。
番組名:『ドキュメント20min』(全国放送、http://www.nhk.or.jp/program/20min/
放送予定:2012年1月30日(月)0時40分~1時00分(予定)



チラシにも書いてありますが

「食べたものが あなたになる」というコピー文。

ずっと前から久松さんが伝えているテーマです。

これを読んだ時、生まれて初めて「自分の体に向き合おう。大事にしてやろう。」と思ったのでした。

『食べ物で自分のからだはつくられる。』
あたりまえのことですが、特に意識してこなかったウン十年間。

久松さんは、そんな「あたりまえなこと」を教えてくれた農家さんです。

こうしてチラシやカレンダーのお手伝いが出来ることになるとは当時思いもしませんでしたが。。。

このご縁で、久松さんの研修生だった「いくこの畑」山内さんのリーフレットも以前作らせていただきました。
最近のブログを見ると、山内さんも大活躍のご様子で嬉しい限りです。



本年は他にもいろいろな方々と新たな繋がりを持つことができた年でした。

悲しい出来事は多かったですが、個々と、または自分と向き合うことの出来た年だったように思います。

今日は一応、年の末日ということになっていますが、すぐ明日は来ます。
でも「区切りをつける」ということは、なかなかいいもんで生まれ変わった気さえします。


今日も明日もないけれど

明日は「おめでとう!」と気持ち良く迎えたいと思います。
[PR]
by anohitono | 2011-12-31 02:49 | 食べ物

上手に野菜保存

皆さんは、野菜を買ったらどんなふうに保存していますか?

とりあえず全部冷蔵庫に入れている、という方も多いのでは。

野菜によっては冷蔵庫に保存すると美味しさが落ちてしまうものもあるんですよ!

お世話になっている「久松農園」さんから、野菜の保存方法を簡単にまとめたものを作れませんか?というご依頼をいただきました。

上手に保存すれば、最後まで美味しくいただけます。
作っている野菜を美味しく食べてもらう為に必要なことを、お客様に伝えたいとのことでした。

意外と知らない野菜保存。
最近はK村もこれを見ながら保存しています。

c0151303_1271379.jpg

デザインはこんな感じ。シンプルで飽きのこないものに。
目につくところに貼っておけるようにA4サイズにまとめました。

来年のカレンダーもついています。
久松農園さんは野菜の宅配がメインなので、野菜が届く日にチェックを入れられる仕組みになっています。

この「野菜保存のキホン」は久松農園の野菜便と一緒に届くそうですよ!


冬野菜が美味しい季節になりました^^
滋味のある美味しい有機野菜を作っている「久松農園」さんのHPはこちらから!

風邪も流行っていますので、美味しい野菜をたっぷりとって元気に過ごしましょう!
[PR]
by anohitono | 2011-12-20 12:21 | 食べ物
土曜日「いくこの畑」さんのお手伝いで
六本木アークヒルズで毎週行われている「マルシェ」に行ってまいりました。

マルシェのスタッフの方の熱意と、生産者や出店者のやる気が掛け算され
前よりもさらに雰囲気が良くなっているように感じました。

今回はアークヒルズ自治会の方のご協力で「餅つき」が行われてテンションもアゲアゲ、
活気にあふれたマルシェとなりました。
c0151303_05779.jpg


いくこの畑、今回の目玉は「干し大根」
たくあん用の細長い大根をまるまる一本天日で干したものです。

干されて程よく水分は抜け少ししぼんでいるけれど、美味しさが凝縮されシャキシャキ感は残っているという大根です。煮物に良し、浅漬けに良し。
これ、見た目の渋さもあってかヒット商品となりました。
(写真をとっていないので、干し大根を見たい方は「いくこの畑」さんのブログへ!)

お店は大盛況!リピートのお客様もたくさんいらっしゃいました。ありがたいことです。

こうしたお客様や出店者同士の交流が生まれるのもマルシェならでは。
人の輪が繋がっていくのを感じます。

私はそういう場面に出会えるのがうれしくてお手伝いを続けようと思ったのだと思います。

なんか、みんな笑顔だし^^

また来年もマルシェでお会いしたいと思います。ありがとうございます。
(あ、本業のGデザインもがんばります)


今回同じブースだった
オーガニックワイン専門店 マヴィ」さん・・・つい衝動買いしてしまいました、限定白ワイン。開けるの楽しみです。

ななめ向かいの
川和ミルク」さん・・・・清里の牛乳、非常に美味でございました。ごちそうさまでした。社長の目力、強いです!

お隣の
Ms Factory」さん・・・・閉店後にご無理言って販売していただきありがとうございました。米粉ワッフル最高です!

※1月18日のNHK「生活ほっとモーニング」という番組に「マルシェ」と「いくこの畑」さんが取り上げられます。
今回の模様が放送されますので、お楽しみに!
[PR]
by anohitono | 2009-12-28 00:01 | 食べ物

冬野菜

今月の野菜セット

他にも白菜・聖護院大根などもっとたくさん入っているのですが、

c0151303_11552689.jpg


いつも届く野菜にはシールは貼られていない。

なぜ・・・今回は・・・


なーんちゃって

これは「久松農園」さん(有機野菜農家)からご依頼いただき、私が作成したシールなのです。

シールが出来上がったので今回貼って届けてくださったのでしょう。

これとは別に1シート分のシールも入っていました。

お気遣い、ありがとうございます^^

「筑楽坊主」は久松農園さんが仲間の方と一緒に活動している別ユニット名。
直売所など、お店に出荷するときにこの「筑楽坊主」名で出しているそうです。

お店で並んだときにパッと目立つように・野菜の力強さが伝わるような(なにせ味がストロング)デザインに、とのことで作成しました。


デザインしたはいいが、お店に並んでいるところは見られないのが現状。
ちょっと気になっていましたが、こんな風にして届けていただいてちょっと安心しました。

自分でいうのもなんですが、

目立つし、いいんじゃな~~い?

ね、ネコさん、どう思う?
c0151303_1211424.jpg

[PR]
by anohitono | 2009-02-04 12:12 | 食べ物
牛について考える日々

「牛乳は子牛のためのものです」という言葉が頭をよぎる

牛の心情や、いかに
[PR]
by anohitono | 2008-09-28 22:16 | 食べ物

いもいもいも

母がいもを大量に送ってくれた。

自分で作ったと言っていたが、よく話を聞いてみると「実家の畑にお母さんがまいた種いもを義姉さん(近くにすんでいる。母の実家・農家)が世話をしてくれて、いろいろ出来たから送る」ということで、正しくは「伯母さんのいも」だ。

3種類。メークイーン(長いの)・アンデス(赤いの)・北あかり(だっけな?)
おなじ「じゃがいも」でもこんなに違う。形もいろいろです。味や食感も違います。
c0151303_11413772.jpg


赤いいも・アンデスは食べるのが初めて。
どきどきしながら切ってみると
c0151303_11452858.jpg


普通
[PR]
by anohitono | 2008-07-26 11:34 | 食べ物

料理通信

月に一度、茨城の「久松農園」から野菜を購入しています。
とても滋味のあるおいしい有機野菜です。(苦手な野菜・にんじんとか・もたべらるようになったほど美味しい。)

その久松さんが「料理通信」という、えらく美味しそうなものばかりが載っている雑誌の特集記事に掲載されました!!
c0151303_16104873.jpg


「インディペンデントな生産者たち」

ということで、自分の信念を貫いている食の生産者の方々が6名。
チーズ・ワイン・牛乳・豚肉・パン・そして野菜。
狐野扶実子」さんという世界をまたにかける料理人がそれぞれの生産者を訪れ、その出会いからうまれた料理を作る。という内容です。

生産者の方々の、いかに自分が納得がいくものを作るか、という話がそれぞれとてもカッコイイ。ここに紹介されたもの全部取り寄せたいくらいです。
そんな出会いから生まれる料理がまたすばらしく、素材をいかしたシンプルな美味しさにあふれていました。

自分がいつも食べている野菜が、こうして取り上げられるのは非常にうれしい。
はっきりいって自慢である

この雑誌のおかげで、久松農園にはお問い合わせがじゃんじゃんあるそうだが、この調子でもっと有名になってほしいものである。
[PR]
by anohitono | 2008-06-10 16:07 | 食べ物

インパクト!

c0151303_1965277.jpg


がおーーー!って感じである。
つい買ってしまった。

・・・・・・・デザインに負けた
[PR]
by anohitono | 2008-04-24 19:08 | 食べ物

かぼちゃプリン

なんど食べてもやっぱりおいしい。
タカナシ乳業「北海道えびすかぼちゃプリン」
c0151303_143466.jpg


この間食べたカスタードプリンのシリーズ品です。
[PR]
by anohitono | 2008-04-23 14:04 | 食べ物