デザインスタジオ イズムのblog


by anohitono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:天遊組( 19 )

展覧会無事終了!

天遊組展覧会も無事終了いたしました!

c0151303_010015.jpg


組員全員で取り組んだ大作「LINE」は、展覧会前日に完成するという、最後の最後まで皆で向き合った大切な大切な作品です。
c0151303_011755.jpg


いつも観にきてくれる大切な友人達。

ismとしてお世話になっている会社の方々。
仕事の合間に寄ってくださるお客様もいらっしゃいました。

お忙しい中、初めて展覧会に来てくれた大切な方々。

父(法事帰りでお酒が入って上機嫌でしたけど^^;;)も初めて観にきてくれた。お酒くさかったけど(笑)

展覧会で出会った数多くの素敵なお客様。

天王寺の皆様、展覧会に関わっていただいた多くの皆様。

本当にありがとうございました!

来年はまたどんな展覧会になるのか、もうアイデアが次々と上がっています。
カワムラも背中に描いた小さな炎が燃えております。
c0151303_0113783.jpg


まずは取り急ぎお礼と感謝を、皆様に。
新たな「LINE」で繋がることを願って^^
c0151303_0332116.jpg



☆おまけ☆
いろいろと美味しいものをありがとうございました^^
おかげさまで「甘い生活」を送っております。
c0151303_0351493.jpg

[PR]
by anohitono | 2012-10-12 00:20 | 天遊組

天遊組ライブ!

いよいよ明日から開催します「天遊組展覧会 LINE」

今年は夕方からのライブパフォーマンスがすごいことになっています。

☆10月6日(土)17:30 前売り券 ¥2,000 (当日 ¥2,500)
上野 健爾×天遊(トーク&ライブパフォーマンス)
京都大学名誉教授 数学者
c0151303_1011126.jpg


6日(土)は数学者。京大名誉教授とは知らず、たまたま主宰の天遊がお知り合いになった方だとか。。。
今上映中の「天地名察」にも登場する、江戸時代の天才数学者、関孝和研究の第一人者なのです。スライドで写真を見ながら、へーとかほーとかなりそうですね。
数学は、美だ!という先生のお話と、古代文字とのコラボレーション、
お楽しみに。

◉前売り 2000円、当日2500円

☆10月7日(日) 17:30
原順子 with Kano Osuke x天遊(トーク&ライブ♪)
c0151303_1012113.jpg


80年代大ヒットしたコーラスグループ、サーカスのお二人、
原順子 with Kano Osukeさん
とにかく、順子さんのボーカルは、スゴイ。
Sweet Basilできいたとき、その歌声に魅せられました。
今回は夜の屋外。お寺で聞くゴスペルやJAZZ、
そして、私たちからのリクエスト曲など、ステキなライブになります。

天遊がNYイベント「JANAPN DAY」で知り合って以来の友人。
会場の皆さんとのコラボレーションもお楽しみに。

◉前売り券 ¥2,000 (当日 ¥2,500)

*岡山さんの体調不良のためハワイアンフラ・ライブは上記変更になりました。
宮崎で行われたハワイアンフラの公演で、天遊組が舞台美術を担当させていただいたことでのご縁。
とても残念ですが、一日も早いご回復をお祈りします。


☆10月8日(月) 17:30
宇高 通成×天遊(トーク&ライブパフォーマンス)
シテ方金剛流能楽師 重要無形文化財総合指定保特者

c0151303_100565.jpg


日(月・祝)5時半からは、能楽師 宇髙通成さん。
日本人でも能を観たことが無い方は大勢いると思いますので
この機会に、能って何?というあたりから、触れてみてください。
宇髙先生は重要無形文化財総合指定保特者、という、日本の宝のような方ですが、
一人でも多くの人に、能舞のメディテーションを知ってもらえたらと、
忙しい中、ワークショップをなさっています。
能面の秘密、能舞台の神秘、松の意味など、能にまつわるお話はもちろん、
謡をやってくださるというおはなしも。。。
アーティストのかたはその日の体調、気分で変わりますので、
お任せしております。
めったに体験できない機会ですので、お誘い合わせてお越しください。

◉前売り券 ¥3,000 (当日 ¥3,500)

◉前売り3日通し券(6日、7日、8日) ¥5,000

★今回のライブイベントの収益の一部は、昨年ワークショップに伺った福島県いわき市の、亀裂の入ってしまった保育園再建への義援金として使われます。

連日濃いです!!

こんな素敵なゲストに参加していただけるなんて、とても嬉しい、というよりビックリ@_@

是非、この機会にお越しください^^
[PR]
by anohitono | 2012-10-05 10:06 | 天遊組

天遊組・秋の展覧会

今年もこの季節がやってまいりました!

天遊組・秋の展覧会
『THE LINE』

c0151303_13373951.jpg


〈以下、HPより抜粋〉

10月6日から9日まで、天遊&天遊組 5th Anniversary Exhibitionを開催します。

今年は、天遊のアーテイストとして独立と、天遊組の発足から 5周年を迎える
節目となる年です。
今年のテーマは「古代からいま、そして未来へつながる旅 – THE LINE」。
これまでのLINEとこれからのLINEの結び目となる展覧会です。

日時:10月6日(土)- 9日(火) 10:00~17:00 入場無料

17:00 閉門後、ゲストトーク&ライブパフォーマンスを行います。(有料)

☆10月6日(土)17:30 前売り券 ¥2,000 (当日 ¥2,500)
京都大学名誉教授 数学者
上野 健爾×天遊&天遊組(トーク&ライブパフォーマンス)

☆10月7日(日) 17:30 前売り券 ¥2,000 (当日 ¥2,500)
ハワイアン・フラスタジオ マカニ オルオル主宰
岡山睦子×天遊組(フラ&ライブパフォーマンス)

☆10月8日(月) 17:30 前売り券 ¥3,000 (当日 ¥3,500)
シテ方金剛流能楽師 重要無形文化財総合指定保特者
宇高 通成×天遊(トーク&ライブパフォーマンス)

前売り3日通し券(6日、7日、8日) ¥5,000

★ゲストトーク&ライブパフォーマンスの料金の一部を、福島県いわき市の保育園への義援金とさせていただきます。

会場:谷中 天王寺・上善堂
Tennoji Temple Jyozendo Hall
> MAP
〒110-0001 台東区谷中7-14-8
JR・京成 日暮里駅(南口) 徒歩 3分
東京メトロ千代田線 千駄木駅 徒歩15分

> 展覧会のお問合せ・前売り券のお申し込みはこちらの、天遊組コンタクトページから



私も今回の作品作りを通して、今までに出会った方々との繋がり、組員の仲間達との繋がり、ご先祖様からの繋がり、などなど、いろいろなことが「LINE」で繋がっていることを実感しました。

今年もまた新たな一歩!
私自身が一番ワクワクしています!

お時間があったら是非いらしてください^^

ismは毎日おります〜☆

お待ちしてますよ〜!
[PR]
by anohitono | 2012-09-24 13:50 | 天遊組
天遊組の展覧会「天遊組の3.11」大盛況のうちに無事終了いたしました!

先日展覧会が始まった記事を書いたと思ったら、あっという間に4日間が終わってしまいました。

会期中は落ち着いてレポートする時間もなく、、そして連日の睡魔には勝てず、、申し訳ありません。。。

そして連休明けは展覧会中手を付けられなかった仕事の皺が寄せに寄っておりまして、、、、。
まだまだ、落ち着いて記事を書くことが出来ず。。。

このバタバタが落ち着いたら、これまたのんびりと思い出しつつご報告したいと思います。

私の記事はさておき、天遊組のHPでは素敵な写真と記事がすでにアップされておりますので、こちらをご覧ください。
師匠・天遊のブログはその場の空気感が伝わる素敵な文章です。是非、ご一読を。(嗚呼、文章力がほしい。。。

とにかく
とてもすばらしい4日間でした!
お忙しい中ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。


来年のハードルはものすごく高いぞーーーー。どないしよーー。
[PR]
by anohitono | 2011-10-13 18:47 | 天遊組
天遊組・秋の展覧会、無事に幕を開けました。
c0151303_027819.jpg


初日、二日目ともいいお天気。

今回の展覧会は、震災についてそれぞれの想いが溢れ出てくる作品ばかりなので、お客様と気持ちを共有できることがなにより嬉しいです。
c0151303_0273419.jpg


詳しくは、天遊組ブログをご覧ください^^(なんて、手抜き。。すみません)

昨日も今日も忙しい中来てくれた友人・知人に感謝。
楽しんでくれたかなぁ。どんな想いで観てくれたかなぁ。


残すところあと二日。
ああ、もう終わってしまう。。。さみしい。

お時間がありましたら、是非、谷中・天王寺まで!

明日はいよいよ満月ライブです。
[PR]
by anohitono | 2011-10-10 00:25 | 天遊組

天遊組・秋の展覧会

今年も古代文字アーティスト集団・天遊組の展覧会を行います。

天遊組は秋の展覧会の構想をその年の早い時期から始めます。

今年も2月くらいには大まかなテーマが決まっていて描く文字の候補も出ていたのですが、それをくつがえす大きな出来事が3月にありました。


今回の展覧会名は「天遊組の3.11」
これ以上ないくらいストレートでシンプルなタイトルになりました。
組員一人一人がそれぞれに感じた想いを「墨と白」の世界で表現します。

私自身も、「これでいいのか?」「不謹慎ではないだろうか?」等など、いつもどうりの考え過ぎの性格上(笑)、ぐるぐるいろんな感情が交錯して、描いても描いても自分のイメージが「線」にならなかったのですが。。。
先日、やっと自分の想いを紙に残すことができました。


今回の展覧会のメインビジュアルの文字は・・・
c0151303_13173054.jpg

c0151303_13425669.jpg

[ 発 (發)] という漢字の古代文字です。

「出発」や「発表」など、新たに何かするといった意味合いの言葉に使われることの多い「発」ですが、元々は「発の冠(はつかんむり)」だけが、「出発」の意味だったようです。

「發」(旧字体)に弓が入っているのは、戦のときまず弓をうち、
それが開戦の合図だったようです。
今の「発」からは想像もできない意味ですね。

文字に二つ同じ形がありますが、これは「左右の足」を揃えて立つ姿。
足の前にあるのは、「国」や「区域」を指す四角。

今回のメインビジュアルではこの「四角」の部分を「日の丸」をイメージした形にしました。
新たな日本の出発を祈って。。。
「ここから」のスタートです。

あなたの想いと共に、「天遊組の3.11」を観に・感じにいらしてください!

c0151303_13175531.jpg


◎10月8日(土)〜11日(火) 10:00〜17:00(閉門)
◎谷中・天王寺 上善堂にて map
◎8日、9日は14:00からライブパフォーマンスを行います。(無料)

◎10日は作品展示時間終了後、18:00からお寺の境内で「震災追悼満月ライブ」を行います。
「般若心経」をテーマとした、大鼓の演奏とのコラボレーションライブです。

*この日は、夏に合宿をした飛騨で知り合ったキャンドルアーティストの葡萄原さんも参加されます。
キャンドルの中で幻想的なライブをお楽しみください。

*10日の満月ライブは入場料を1000円をいただきます。
*先着予約60名様限定になります。チケットをご用意いたしますので、ご一報ください。
(いただいたお金は、福島の被災地で行う子ども達との「古代文字ワークショップ」や葡萄原さんへの交通費に当てさせていただきます。)

*満月ライブ後は上善堂内での展示作品はご覧になれません。
作品をご覧いただく際は、10:00〜17:00(入場16:30)の間にご来場ください。
※ライブ会場準備のため17:00に一度閉門します。

『 古代文字アーティスト集団 天遊組 HP』

『天遊 HP』
[PR]
by anohitono | 2011-10-09 00:00 | 天遊組

飛騨古川合宿三日目

二日目の夜は、満点の星空でした☆☆☆首が痛くなるほど上を向いて、しばらく無言で闇の中たたずむ面々でした。

そして合宿も三日目。あっという間に最終日です。
いや〜、帰りたくないーー。

午前中ガシガシ描き込み、描き込み。。。
外で描いていたら、また曇り空に。。。今日も雨女。。。

今日のメインは「紙すき体験」です。

この地方は昔、紙すきが盛んだったそうです。お隣の富山県でつくられていた膏薬紙に使用されたりと需要が多かったそうなのですが、今ではそのお役目も別の素材に変わり、紙すきをする家はほとんど無くなってしまったそうです。

という説明をお聞きしつつ、いよいよ体験スタート。

和紙の原料、コウゾと「ネリ」という糊の役目をするトロロアオイが入っています。
今回の和紙はコウゾの皮とトロロアオイの根からとれる粘液からつくります。(和紙は雁皮など、他の植物でも作ることができます)
c0151303_18393016.jpg


この液体をすくいあげたところ。今回は葉書サイズです。
c0151303_18504934.jpg

c0151303_18492846.jpg

よけいな水分を落として
c0151303_18514890.jpg

パネルで乾かします(時間短縮のため^^;なにせ、体験なもので)
c0151303_18523496.jpg

出来上がり!
c0151303_18534273.jpg

和紙の繊維がきれいです^^
何を描きましょうかね。

パルプ紙にはない味わい。。。
和紙への愛着がますます湧いてきました。

そうして、あっという間に夕方に。
「つちの庵」にもどり、帰り仕度にご挨拶。あらたな出会いなどもあり、最後の最後まで内容の濃い数河の家。

これも美人おかみMさんの人望なんだろうなぁ。
ほんとうにお世話になりました。
是非、また行きたい!なんだったら(?)来月にでも!

そんな居心地のいい「つちの庵」にお別れをし、後ろ髪をひかれつつ帰省。
楽しかった合宿も無事終了。
お世話になったたくさんの方々に感謝。

またね、「つちの庵」
c0151303_1916719.jpg


そして、来月は谷中で展覧会です!
[PR]
by anohitono | 2011-09-10 19:12 | 天遊組

飛騨合宿・二日目

二日目、早起きして皆で近くの神社におまいりからスタート。

ちょっと変わった狛犬ですね。。
c0151303_1894411.jpg
c0151303_1810415.jpg


この日のテーマは
「とにかく描き込む!」

この合宿所には大広間があるので、ふだん自宅では手狭になってしまう作品をのびのびと描くことが出来ます。それだけでかなり「ストレスフリー♪」
c0151303_1816472.jpg

練習したら、次の作品を描く為の下敷きにするため乾かします。
c0151303_18181438.jpg

c0151303_1818553.jpg

いい天気なのであっという間に乾きます。
c0151303_18193979.jpg


外でも描きました。
c0151303_18204448.jpg

c0151303_18211232.jpg

炎天下の練習に疲れたら、木陰で一休み。
c0151303_18224141.jpg

風が通ってとても気持ちのいい場所でした。ここで昼寝したい〜
c0151303_18241514.jpg


あんなにいい天気だったのに、不穏な雲行き・・・・。
c0151303_18255312.jpg

集中して大作の練習を始めたら、大粒の雨がぼとぼと落ちて来て、あっという間にスコールになりました。ここでも発揮してしまった「大雨女」K村。。。

そしてあっという間に上がる雨。山の天気は変わりやすいです、ホント。

木陰に避難した雨の中描いた試作。見事、雨で流れました。。。
c0151303_18291854.jpg


のびのびとたくさん描いて道場終了!
c0151303_1841946.jpg


そして一同は飛騨牛を食べに街に降りるのだった。

*続く*
[PR]
by anohitono | 2011-09-01 18:46 | 天遊組

飛騨古川合宿一日目

ごぶさたを〜してしまいました。

やっと合宿日記再開!

一日目。
朝8時に某所集合。2泊3日とは思えない程の大荷物を抱え、久しぶりの朝型(6時起き)生活のスタート。荷物の中身はほとんど書道道具&山の上という想定外の寒さに備えた真夏とはほど遠い衣類。

車で5時間の旅のスタートです。運転をしてくださったYTさんに感謝。

初の岐阜県、どんなルートかも知れずすべてYMさんまかせ。
高速で東京を抜け出し、長野県へ。ここが、ああ野麦峠なのね、女工哀史なのねと感慨にふけりながらくねくねの山道を登り下り、トンネルどんだけー(古)と抜けては入り抜けては入り、「道の駅」への寄り道を強要などしつつ、なんだかんだと岐阜県到着。

YMさんも初めての飛騨の道にとまどいつつも、途中にあった「クマ牧場」の看板にいろいろな妄想をして盛上がる車内。(後で聞いたところ、ここの熊はエサほしさにお客に手を合わせてお願いするんだとか)

見渡すとことろ、山、山、山。
関東平野で生まれ育った私は、身近に見る山の迫力に圧倒されました。
山に囲まれた生活。。。想像できないけれど、嫌いではないな。生活してみたら、そんな甘い考えふっとぶのかな。なんてことを、ぐるぐる考えながら車内から山の中の町並みを眺めました。

なんやかやありながらも、無事に今回お世話になる「つちの庵」の美人おかみMKさん、陶芸家の渡部徹さんと合流。
その後、渡部さんと奥様のお店「やまの庵」へ到着!

古民家を移築した建物で、カフェと陶芸のアトリエを併設する素敵な場所でした。
c0151303_17104314.jpg

渡部さんは神岡でとれた素材を使い陶器の制作をされています。
神岡青磁」と名付けられた陶器はずっと使っても飽きのこない不思議な魅力のある緑色をしています。
*写真は渡部さんの作品カタログ「東雲窯のブログ」よりお借りしました。↓
c0151303_18614.jpg


c0151303_17124625.jpg

c0151303_17131635.jpg

c0151303_17134294.jpg


大きな古民家です。
c0151303_17141121.jpg

ある珍道中的理由により昼食をとっていなかったので(この時点で3時すぎ)WTさんの奥様のお手製「飛騨牛・酵素玄米カレー」を空腹と美味しさにより、もくもくといただく。
c0151303_17201574.jpg

「消化に体にいいけどクセのある酵素玄米」と思っていましたが、ここのお店のはクセがなくとても美味しかったです。飛騨牛の牛スジを煮込んだカレーもいいお味^^

この場所は「神岡」という地区で、お店の前には廃線になった「神岡鉄道」の線路が。
c0151303_17302076.jpg

今は線路を利用した「レールマウンテンバイク体験」が出来るようになっていて、休日はにぎやかなんだとか。

またの再開を約束し、「やまの庵」を出発。

いよいよ合宿場所「つちの庵」へ!

*続く*
[PR]
by anohitono | 2011-08-25 18:00 | 天遊組
天遊組の情報がまたまた続きます。

大盛況のうちに終了した秋の展覧会ですが、
そこでもリクエストの多かった古代文字・落款ワークショップを開催します!

落款とは石を彫って作る判子のことです
c0151303_17393364.jpg


世界に一つしかないオリジナルの判子を作ってみませんか?
年賀状やお手紙にポンと押すだけで、素敵度200%UP!!するとかしないとか。

今回は午前中に古代文字を筆で描くワークショップ、午後に落款作りのワークショップと盛りだくさんの内容です。


天遊組ワークショップのお知らせ

日時:11月7日(日)

1.古代文字体験(古代文字の意味を知り、墨を使って文字を描く)
 10:30〜12:00 定員8人(先着順)
 3500円(材料費込み)

2.落款ワークショップ
 (ご自身の名前を、古代文字で調べ、デザインした世界で
 ひとつだけの落款を作成してみませんか?)
 13:00〜15:00 定員8人(先着順)
 4500円(材料費込み)



3.落款ワークショップ
 (ご自身の名前を、古代文字で調べ、デザインした世界で
 ひとつだけの落款を作成してみませんか?)
 16:00〜18:00 定員8人(先着順)
 4500円(材料費込み)


場所:駒込駅、2分 遊庵 (場所については、お問い合せの際に詳しくお知らせ致します。)
持ち物:墨がついても良いラフな格好。

※落款ワークショップに参加の方は、メモ帳・ぞうきん(タオル)・鉛筆などの筆記用具


c0151303_17424359.jpg


※駒込 遊庵は、日曜に開催しています。 
 人数と都合が合えば別の日程で調整することも可能ですので、
 お問い合せメールアドレスにご連絡ください。

お問い合せはこちらまで
info★ten-you.net  (★を@に変換して送信ください)

天遊組ブログにも詳細をUPしております^^
http://tenyougumi.blog34.fc2.com/

この機会に是非、ご参加ください!!
[PR]
by anohitono | 2010-11-01 17:47 | 天遊組